敬老の日ってそもそも何の日?何をして祝うの?2018

Pocket

毎年9月にやってくる敬老の日。

なんとなく、「おじいちゃんおばあちゃんに感謝する日」とか「おじいちゃんおばあちゃんを敬う日」とか漠然と知ってる人は多いと思います。

そもそも『敬老の日』って何の日なのか、どういう意味が込められているのか整理してみましょう!

スポンサードリンク



1.敬老の日とは?

敬老の日は当たり前ですが「祝日」ですので法律で定められたものです。

1965年に「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」ということで、「敬老の日」が法律で定められました。

以前は、毎年9月15日が敬老の日でしたが、2003年に「国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律」によりハッピーマンデー制度適用の対象となり、9月の第三月曜日に移動しました。

ということで2018年の敬老の日は9月17日の月曜日となります。

2.敬老の日の由来は?

敬老の日の由来は2説が存在しているといわれています。

「聖徳太子説」と「養老の滝説」です。

①聖徳太子説

聖徳太子は大阪に四天王寺を建立した際に、四箇院(しかいん)の制を敷きました。

簡単にいうと、四箇院とは四つの院からなります

敬田院(けいでんいん)…いまでいう寺院

施薬院(せやくいん)…いまでいう薬局

療病院(りょうびょういん)…いまでいう病院

非田院(ひでんいん)…いまでいう孤児院や老人ホーム

老人向けの施設であった非田院が建立されたのが9月15日だったということで敬老の日が

当初9月15日に選ばれたといった説です。

②養老の滝説

元生天皇が西暦717年9月に養老の滝を訪れ、出発した日が9月15日だったことから敬

老の日が当初9月15日に選ばれたといった説です。

当時のエピソードとしては、元生天皇が養老の滝を訪れた際、元生天皇が滝の水で顔や手を

洗うと、肌がツルツルになり、痛みのあったとこを洗うと痛みが消えてしまったという言い

伝えがあります。

この後、元号を「養老」に変更したとのことです。

スポンサードリンク



3.何歳から敬老の日で祝うの?

敬老の日で祝う対象となる人は、もちろん「おじいちゃん」「おばあちゃん」ですが、何歳から対象となるのか、決まりはありません。

特に今の時代は、60歳を過ぎても肉体的にも精神的にも若い方が多く、敬老の日で祝おうとすると『年寄り扱いするな』と言うおじいちゃんおばあちゃんもいるかもしれません。

ですので、例えば、孫が生まれて実際に「おじいちゃん」「おばあちゃん」になった時や、満60歳の還暦を迎えた時などが、良いタイミングかもしれません。

4.何をして祝うの?

一般的には、家族で食事をしたり、プレゼントを贈ったり、メッセージカードを贈ったりして祝っている家庭が多いようです。

みんなで顔を合わせて、食事をしながら話をして思い出を作ることが一番だと思います。

もちろんプレゼントやメッセージカードがの贈り物はより良い時間を過ごすツールとなるでしょう。

ちなみに、プレゼントの価格相場は3,000円~5,000円くらいが多いみたいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。