ジャック・オ・ランタンの由来は何?ハロウィンとの関係は?

Pocket

ハロウィンといえばカボチャのオバケ『ジャック・オ・ランタン』をイメージすると思います。ハロウィンの象徴といっても過言ではないでしょう。

ハロウィンは「秋の収穫祭」で、悪霊から自分たちを守るお祭りです。

ジャック・オ・ランタンの由来について調べてみたところ、どうやらこの「悪霊から自分たちを守ること」と関係しているみたいです。

スポンサードリンク



ジャック・オ・ランタンとは?

ハロウィンの時期に見られるカボチャをくり抜いたランタンのことを「ジャック・オ・ランタン」と呼ばれています。

ジャック・オ・ランタン

日本語に訳すと「ジャックのちょうちん」を意味します。

このジャックとはだれなんでしょうか?

どうやら人の名前のようで、アイルランドの昔話から来ているようです。


ジャック・オ・ランタンの由来となる物語!

ヨーロッパにあるアイルランドの昔話です。

その昔、ジャックという鍛冶屋の男がいました。口がずる賢く、人をだましてばかりいました。あるハロウィンの夜、そんなジャックに悪魔がやってきました。

ハロウィンの夜は人間界とあの世の境がなくなり、お化けや悪魔たちが人間の魂を狙ってやってくるのです。

悪魔がジャックに「お前の魂をくれ」と言ったところ、ジャックが「その前に酒が飲みたい、一杯おごってくれないか?」と悪魔に向かって問いかけました。そうすると、悪魔は「いいだろう」といってお金(コイン)に化けました。ジャックはすかさず悪魔が化けたコインを財布にしまい悪魔を封じ込めてしまいました。

悪魔は「出してくれ!出してくれ!」と訴えたところ、ジャックは「出してほしければ取引をしよう。10年間私の魂をとらないと約束してくれ!」すると悪魔は「わかった約束するからここから出してくれ」

こうして10年間ジャックは悪魔から魂を狙われることはありませんでした。

10年後、悪魔が「今度こそ、ジャックおまえの魂をとってやる」

するとジャックは「その前にこの木に生っているリンゴをとってくれないか?」といいました。悪魔は「そのくらいいいだろう。」といってリンゴの木を登っていきました。

ジャックはすかさずリンゴの木に十字架を刻み、悪魔が下に降りてこられないようにしました。悪魔は「頼むから下に降ろしてくれ~」とジャックに頼みました。

ジャックは「降ろしてほしければ、魂を絶対取らないと約束しろ!」と言い、悪魔は「わかった約束する」

またまた、ジャックは魂をとられずに切り抜けました。

その後、ジャックも年を取り死んでしまいました。生前のジャックは人のためになるようなことをしたとはいえなかったため、天国に入れてもらえず、地獄に向かいました。

しかし、悪魔はこう言いました「おまえの魂は取らないと約束したから、地獄に入れない」

困ったジャックは暗闇の中をあの世とこの世をさまようことになり、悪魔に頼んで火の塊をもらい、それをカブの中に入れ、ちょうちんを作り、さまよったとのことです。

スポンサードリンク



ジャック・オ・ランタンはカブ??

この物語から、”ジャックのちょうちん”=ジャック・オ・ランタンは悪魔を追い払うシンボル、死んだ人の魂のシンボルとなったとのことです。

さて、この物語の中では、”ジャックのちょうちん”はカブとなっています。

しかし、この話がアメリカに伝わると、アメリカではカブにあまり親しみがなく、親しみのあるカボチャにとって変わり、現在に至っているようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。