ハロウィンとは?由来そのルーツに迫ってみる!

Pocket

最近、10月頃になるとさまざまなハロウィンのイベントや商業的な形で、ハロウィンが楽しまれているように感じています。

そもそもハロウィンとはなんなのか?

なんとなく、「仮装してハロウィンのイベントなどに参加して楽しむ」「子供がお菓子をもらいに行く」「かぼちゃのお化け」などなど、イメージはるのですが、いったいななんなのか?

ハロウィンをより楽しむために調べてみました。

スポンサードリンク




ハロウィン

ハロウィンとはなんなのか?

ハロウィンは子どもたちがお化けの格好に仮装して、近所の家をあるいてまわり、家のドアをたたき、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と言います。

家の住人(大人)はお菓子を用意していて、やってきた子どもにお菓子をあげるといったものです。

仮装してやってくる子どもたちにお菓子を用意していて受け入れOKな家は明かりを付けています。

ちなみに、子どもが「トリック・オア・トリート」と言ってもお菓子をくれない場合、本当にいたずらをしてしまうこともあるそうです。よくやるのが「生卵を投げつけること」だそうです。

また、このような現代のハロウィンは本場がアメリカと言われています。



ハロウィンのルーツは?

ハロウィンは10月31日です。

これは、ハロウィンのルーツが関係しているのですが、数千年前、アイルランドの古代ケルト人民族の祭りが起源とされています。

古代ケルト人は1年の暦を11月1日~10月31日としていて、10月31日を1年の終わりと定めていたそうです。

この10月31日に古代ケルト民族では”秋の収穫祭”を行い、収穫を祝う祭りを行っていたそうです。

また、この10月31日には悪霊や魔女、死者の魂が舞い戻り、村人に危害が加えられると信じられていました。

こういった悪霊たちから、家畜や農作物等を守るため、古代ケルト人たちは、祭りの中で魔除けの火を炊いたり、動物の毛皮を被ったり、加工した衣装を身にまとっていたことがルーツとされています。

スポンサードリンク



ハロウィンの由来は?

おさらいすると、ハロウィンのルーツは10月31日に秋の収穫祭を祝い、悪霊たちから自分たちの生活を守る祭りとなります。

Halloween(ハロウィン)の語源について調べてみると、

まず、11月1日をキリスト教で「万聖節(あらゆる成人を記念する祝日)」とされ、10月31日はその前夜祭となります。

万聖節…All Hallow’s   Hallow…神聖な  een…even=evening

万聖節の前日ということで、

「All Hallow’s」→「Hallow E’en」→「Halloween」

となったそうです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">