太りにくい人が太る方法と筋肉を付ける方法!!【プロテイン編】


太るためには”食べる量を増やす”、筋肉を付けるためには筋トレをするといったことはだれでも思いつくことですが、太りにくい体質の人の中には、たくさんの量を食べられない方を多くいると思いますし、筋肉もなかなか付かないといった悩みを持った方もいると思います。

そんなとき、”プロテイン”を摂取の検討してみてはいかがでしょうか!

そもそもプロテインとは

プロテインとは日本語で「タンパク質」という意味になります。プロテインは牛乳や大豆、卵などの食品から作られる栄養補助食品です。ドラッグストアや大型のスポーツ用品店などでも販売されています。

主なプロテインには次の3種類が挙げられます。
①ホエイ ②カゼイン ③ソイ
①ホエイの原料は牛乳で、特徴としては”消化吸収が早い””カゼイン・ソイより美味しい””溶けやすい(飲みやすい)、しかし持続時間は短い。

②カゼインの原料は牛乳で、特徴としては”消化吸収が遅い””ホエイより溶けにくい””どちらかというとホエイより美味しくない”、持続時間が長い。

③ソイの原料は大豆で、特徴としては”消化吸収により時間がかかる””溶けにくく、どちらかというと美味しくない”、しかし長時間効果が持続する。

太るためのプロテインは?

プロテインは一般的に「タンパク質の含有率が大きい」ほど値段も高くなっていきます。体重を増やすためには、タンパク質の含有率は少ないですが「糖質」を多く含んだものが良いです。

ちなみに私が使用していたものはこちらです。

ウイダー ウエイトアップビッグ バニラ味(1.2kg)【ウィダー(Weider)】[ウィダー プロテイン]【送料無料】

価格:3,271円
(2015/7/30 00:07時点)
感想(221件)

プロテインを摂取するタイミングは?

体重を増やすためには、食べる量を増やすことです。そのため、私の経験では食事の直後と寝る前に摂取することが効果的と考えます。

また、健康的に体重を増やし筋肉を付けるための筋トレを同時にやっていましたので、筋トレの直後にもプロテインを飲んでいました。

筋トレにより筋繊維が破壊され、すぐにプロテインを飲み良質のタンパク質を摂取することが筋肉増量に効果的です。

ちなみに先ほどご紹介したプロテインは「糖質」を多く含んでいる代わりに「タンパク質」の含有率は少ないため、本格的に筋肉量を増やしたい方は筋トレの量を増やすとともに、よりタンパク質を多く含んだプロテインを選ぶと高い効果が期待できると思います。

その場合は、私の経験上、「タンパク質」を多く含んだプロテインは胃への負担もあると感じましたので、消化吸収の早い「ホエイ」プロテインを選ばれることをおすすめします。胃への負担が軽いように感じましたので!

プロテインの飲み方

専用のシェイカーを使用し、牛乳などに溶かして飲むことが一般的です。

ウイダー プロテインシェーカー 500mL(1コ入) ウィダー(Weider) プロテイン シェイカー

価格:453円
(2015/7/30 00:26時点)
感想(3件)

あとは個人的な好みですが、牛乳に溶かして飲む場合、非常に甘いので苦手な方もいると思います。私は、よくオレンジジュースに溶かして飲んでいました。オレンジの酸味がプロテインン(バニラ味)の甘さを抑えてくれて飲みやすいです。また、オレンジジュースはビタミンCを多く含んでいるため、プロテインの吸収も良くなるみたいです。オレンジジュース

ぜひ、試してみてください!!

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
レクタングル大
コメントの入力は終了しました。